ご予約はこちらから

髪と頭皮のことを真剣に考える美容室

ヘアケアに適したシャンプーする時のお湯の適切な温度って?

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
寝屋川市香里園駅、徒歩3分のオーガニックカラーと天然ヘナを得意としてる美容室hair’s LOG(ヘアーズログ)です。 髪と頭皮に優しいヘアカラーや白髪染めを探してる方は是非ご相談ください。

 

寝屋川市「香里園駅」から徒歩3分の

オーガニックカラーと天然ヘナが得意な美容室

hair's LOGロゴ

hair’s LOG(ヘアーズ ログ)の小野です。

 

今回はヘアケアにおいて大切な毎日のシャワーの温度についてのお話です。

 

シャンプーする時の適切なお湯の温度って?

髪の毛や頭皮のためには「熱すぎるお湯」「ぬるすぎるお湯」は厳禁です。

 

ズバリ、髪の毛を元気にするためのお湯の温度は

37〜39℃

 

体温より少し高いけれど「熱い」と感じない温度です。

これ以上温度が高いと、皮脂を取りすぎてしまいます。

 

「朝、スッキリ目覚めるために熱めのシャワーを浴びている」

「皮脂をしっかり落とすために、熱めのお湯でシャンプーしている」

という人は、すぐに温度の設定を見直しましょう。

 

また、37℃より低いぬるすぎるお湯では、汚れを落としきれません。

頭皮には、おでこや鼻の2倍の皮脂腺があるため、

ぬるすぎるお湯では不要な皮脂が残り、過酸化脂質質がたまりやすくなってしまいます。

 

油汚れのこびりついた食器やフライパンを洗うことをイメージしてもらうとわかりやすいです。

hair's LOG 小野

 

お湯を熱くすると、汚れはスッキリ落ちても、手が乾燥してしまいますよね。

また、お湯がぬるいとベタベタした油汚れは落としきれません

 

たとえ正しいシャンプー選びができていても、お湯の温度を間違えてしまうと、

せっかくのシャンプーの効果が半減してしまうのです

 

シャワーの温度は高過ぎても低すぎてもダメ

温度が高すぎると…
皮脂の取りすぎ

適度な温度
37~39°C

低すぎると…
汚れを落としきれない

 

これまでシャワーの温度を気にされていなかった方はぜひ意識してみてくださいね。

 

 

初めましての方へ

お店の場所・行き方について

メニュー・料金について

お問い合わせ・ご予約方法

 

この記事を書いている人 - WRITER -
寝屋川市香里園駅、徒歩3分のオーガニックカラーと天然ヘナを得意としてる美容室hair’s LOG(ヘアーズログ)です。 髪と頭皮に優しいヘアカラーや白髪染めを探してる方は是非ご相談ください。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です